なるみの商品

大分のご当地カレー!牛肉がたっぷり入ったおおいた和牛カレー

日本全国各地の名産品を使用したご当地カレー。

今やどの都道府県にも、定番品や変わり種のカレーが一つは存在しています。

今回は大分県のブランド和牛「おおいた和牛」をふんだんに使用したカレーを2種類ご紹介します。

あわせて、カレーに使用されているおおいた和牛についても解説いたします。

おおいた和牛とは

おおいた和牛とは、豊後牛の歴史が始まり100年の節目として誕生した新しい和牛ブランド

「大分県内で最も長く肥育された黒毛和種の牛肉(但し雌牛の場合は未経産に限る)」といった、厳しい定義がなされている豊後牛の中でもさらに美味しさにこだわった「肉質4等級以上」のものだけを選んでいます。

まさに選び抜かれた本物の和牛と言えるでしょう。

肉質等級ってなに?

肉質等級とは、牛肉の格付けを意味しています。

格付けには大きく2種類の等級が使用されており、一つがおおいた和牛の基準にもなっている「肉質等級」

もう一つが「歩留まり等級」です。

それぞれの等級に関して少し掘り下げてみましょう。

肉質等級について

判断基準:5>4>3>2>1

肉質等級は、以下4つの項目から評価がされます。

  1. 脂肪交雑:肉の霜降り度合い
  2. 肉の色沢:肉の色味と光沢
  3. 肉の締まりとキメ:肉全体の見た目
  4. 脂肪の色沢と質:脂肪の色味(白もしくはクリーム色)と光沢や質

これらの判定をもとに、対象の肉がどの肉質等級に当てはまるかが決定されます。

歩留まり等級について

判断基準:A>B>C

牛の体から皮、骨、内臓を取り除いた肉を「枝肉」といいます。

この枝肉の割合が大きいほど高い等級の評価を受けます。

高級なお肉を示す表記として用いられることが多い「A-5ランク」というのも、この格付けをもとに表記されているということ。

よって、おおいた和牛の基準となっている「肉質4等級以上」というのは、品質が高い牛肉だという証なのです。

おおいた豊後牛とはどう違うの?

見た目も美しい霜降りと、やわらかな食感が特徴のおおいた豊後牛

その歴史は古く、1918年から造成に着手し、現在に至るまで様々な賞を受賞しています。

直近では、2017年に和牛のオリンピックとされている「全国和牛能力共進会」において、種牛の部で「内閣総理大臣賞」を受賞。

全区で優等賞入賞、総合部門では全国3位に輝くといった成績を収めています。

ブランド和牛として高い評価を受けているおおいた豊後牛のうち、「おおいた和牛」として認定されるには、以下3つの基準をクリアする必要があります。

  1. 上位等級(肉質4等級以上)による品質確保
  2. 美味しさにこだわった生産農場による顔が見える牛づくり
  3. 美味しさにこだわった生産農場で取り組む美味しさの追求(米やビール粕などの給与)

「これから百年誇れる和牛」として、ロゴマークも漢字の百をモチーフにするなど、おおいた和牛のこだわりの強さを強く感じられますね。

おおいた和牛こくうまカレーと旨辛カレー

ここまでおおいた和牛の品質の高さをお伝えしてきましたが、成美ではおおいた和牛の旨みをたっぷり感じられるカレーを販売しています。

このカレーの特徴はこだわり抜いた素材にあります。

おおいた和牛の旨みを十分に引き出すのはもちろん、大分を代表する日本酒、三和酒類の純米吟醸酒「和香牡丹」の酒粕を用いて、コクとまろやかさの深い味わいのカレーに仕上げました

カレー自体からお酒の風味は感じられないため、お子様でも安心してお召し上がりいただけます。

本格的な味わいを楽しめるカレーですが、レトルト商品のため簡単調理なのも嬉しいポイント

より深いコクを楽しみたい場合は「こくうまカレー」を。

よりカレーらしいスパイシーさを楽しみたい場合は「旨辛カレー」をそれぞれチョイスしてみてください。

大分ならではの素材を美味しくいただける、贅沢なご当地カレーとなっております。

ご紹介した商品

↑ご購入はコチラから

↑ご購入はコチラから

【商品説明】
おおいた和牛こくうまカレー
大分県を代表する特産品であるブランド牛のコクと旨味の逸品。
豊後牛の歴史が始まって百年目の節目に、豊後牛肉4等級以上のものだけを選んだ「おおいた和牛」の新ブランドが誕生しました。
「おおいた和牛」の旨味をさらに引き立たせる新しいスパイスは、「神様からの贈り物」とも称される「酒粕」。
おおいた和牛カレーに使用する「酒粕」は、大分県を代表する酒蔵「三和酒類」が作る純米吟醸酒「和香牡丹」の酒粕。
肉の旨味と酒粕のまろやかさで、コクのある味わいカレーに仕上がりました。

おおいた和牛旨辛カレー
大分県を代表する特産品であるブランド牛のコクと旨味の逸品。
豊後牛の歴史が始まって百年目の節目に、豊後牛肉4等級以上のものだけを選んだ「おおいた和牛」の新ブランドが誕生しました。
「おおいた和牛」の旨味をさらに引き立たせる新しいスパイスは、「神様からの贈り物」とも称される「酒粕」。
おおいた和牛カレーに使用する「酒粕」は、大分県を代表する酒蔵「三和酒類」が作る純米吟醸酒「和香牡丹」の酒粕。
肉の旨味と酒粕のまろやかさに赤唐辛子の辛味がほどよいアクセントで、コクのある味わいカレーに仕上がりました。

【原材料】
おおいた和牛こくうまカレー
牛肉(大分県産)、カレールウ(食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、砂糖、でん粉、食塩、カレー粉、ビーフブイヨン、香辛料、カカオマス、酵母エキスパウダー、野菜ブイヨン、ソースパウダー、ガーリックペースト)、玉葱、酒粕(米)、バター、野菜ペースト(人参、セロリ、たまねぎ、にんにく)、食塩、にんにく、ブラックペッパー、ローリエ / カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・大豆・りんごを含む)

おおいた和牛旨辛カレー
牛肉(大分県産)、カレールウ(食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、砂糖、でん粉、食塩、カレー粉、ビーフブイヨン、香辛料、カカオマス、酵母エキスパウダー、野菜ブイヨン、ソースパウダー、ガーリックペースト)、たまねぎ、酒粕、バター、野菜ペースト(人参、セロリ、たまねぎ、にんにく)、にんにく、カイエンペッパー、ブラックペッパー、ローリエ / カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・大豆・りんごを含む)

【内容量】
200g(1人前)

【賞味期限】
製造日より240日

【保存方法】
直射日光、高温多湿をさけて常温で保存してください

-なるみの商品

Copyright© なるみごはん~ラクに美味しく~ , 2020 All Rights Reserved.