大分の食材について

大分は椎茸の名産地!乾しいたけと生しいたけの違いとは

大分県は乾しいたけの栽培が盛んであることをご存知でしょうか?

大分独自のブランドしいたけが製造されていたり、しいたけ専門店が出店されているなど、大分の環境を生かした様々な取り組みが行われています。

そこで今回は、大分県で栽培されている乾しいたけの特徴と、生しいたけの違いについても合わせてご紹介します。

大分は乾しいたけの名産地

大分県産の乾しいたけは、商品の質・量共に日本一とされています。

林野庁のデータによると、平成15年頃から継続して大分県が全国一の生産量を誇っています。

例年、全国の乾しいたけの生産量のうち40%〜50%は大分県が占めている状態です。

さらには、全国椎茸品評会では12年連続で団体優勝を達成するなど、質の面においても高い評価を受けています。

なぜ大分県の出荷量が多いのか

では、なぜ大分県でここまで多くの椎茸を出荷できるのでしょうか。

これには椎茸の栽培に欠かせない「クヌギの木」が関係しています。

大分県は全体の面積のうち約70%が森林となっています。

様々な種類の木々によって覆われていますが、中でも大分県では以前からクヌギの木の造成に力を入れてきました。

現在、大分県内の原木林面積は約47,000haとなり、全国で最もクヌギの木を有しています

県内の乾しいたけは、このクヌギの木によって「原木栽培」されているのです。

クヌギの木が椎茸の栽培に適している理由として、

  • 木の成長スピードの早さ
  • 水分と養分の保有量

こちらが挙げられます。

気の成長が早いことで、収穫により一度伐採したとしても再利用することができます。

さらに、木自体に豊富な水分と養分を保つことができるため、しいたけ菌糸を打ち込み寝かせている間にじっくりと菌糸を行き渡らせることが可能になります。

乾しいたけの栽培に最も適した環境が整っているからこそ、大分県はしいたけの名産地となったのです

乾しいたけの栄養素と種類について

乾しいたけと一口に言っても、様々な種類のしいたけが現在栽培されています。

ただ、どの品種にも共通しているのが、豊富な栄養素です。

乾しいたけに含まれている代表的な栄養としては、以下の4つが挙げられます。

  1. 食物繊維
  2. ビタミンD
  3. エリタデニン
  4. β-グルカン

食物繊維は特に豊富に含まれており、腸内改善の働きに一役買ってくれます。

また、ビタミンDに関しては、カルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にする働きがあります。

エリタデニンには、血中コレステロール値を下げる効果があり、β-グルカンには体の免疫力を高める効果が期待されます。

このように、乾しいたけには、お子様からお年寄りまで年齢層問わず必要な栄養素がたっぷりと含まれており、万能食材として注目されているのです。

 

ここで、よく比較の対象とされる「生しいたけ」との違いについて見ていきます。

乾しいたけと生しいたけは何が違う?

乾しいたけは、生しいたけを乾燥させただけのものと思われている方もいるかもしれません。

しかし、比較すると大きく異なる多数あります。

「旨み」について

生しいたけは多くの水分を含んでいるため、よりジューシーな味わいや柔らかい食感を楽しむことができます。

それに引き換え、乾しいたけは文字通り乾燥させているため、水分量はほぼありません。

しかし、しいたけを乾燥させることによって「グアニル酸」といった和食の三代旨味成分ともされる成分が増幅

乾しいたけの方がより本来の旨みをより楽しむことができるんです。

「栄養素」について

先述したように、乾しいたけには多くの栄養素が含まれています。

生しいたけにも同じことが言えますが、占有量に大きな違いがあります。

しいたけに含まれているどの栄養素を比較しても、乾しいたけの方が多くなるといったデータがあるほど。

「乾燥させる」といった一手間加えるだけで、栄養素の量に大きな違いが表れます。

「賞味期限」について

生しいたけは文字通り「生もの」になります。

よって、賞味期限に関しても1週間程度のものがほとんどです。

しかし、乾しいたけに関しては、正しく保存することで1年ほど持つ品種もあります。

水戻しをすることで様々な料理に活用できる乾しいたけは、常備品としても役に立つでしょう。

乾しいたけを使用した成美の商品

成美でも乾しいたけを使用したオリジナル商品を取り扱いしております。

「冠地どりと小粒椎茸のクリームチーズスープ」

大分県産の地鶏「冠地どり」大分県産乾しいたけの旨み、コクをしっかりと染み込ませたクリームスープです。

この商品についての解説は下記にまとめてありますので、合わせてご覧ください。

冠地どりと椎茸の絶妙なバランス!クリームチーズスープを味わう

おおいた冠地どりとは 大分冠地どりは、大分県畜産試験場が4年の歳月をかけて誕生させた大分県産の地鶏です。 日本国内初となる烏骨鶏を交配しており、毛冠のとさか、あご髭など、烏骨鶏の特徴を受け継いでいるた ...

-大分の食材について

Copyright© なるみごはん~ラクに美味しく~ , 2020 All Rights Reserved.